一軒家

リフォームする

室内

さらに手を加えて今よりもさらに住みやすく持ちのいい建物に変えようという過程です。このリフォームは現在入居している部屋にまで施すことはできませんが、なるべく住民がそのまま住んでいても不満やトラブルがないように心がけるのが施工者の責任でありオーナーである運営者の責務となります。十分に理解を求め、慎重に構図を進めていくことが大切です。そして、大規模修繕のタイミングで考えておいた方がいいのがリフォームであり、リノベーションです。大規模修繕を機に、その時点で空き室になっているところから部屋の大幅な改修を行えば、次に入居してくる方が抱くイメージがぐっと上がります。キレイな部屋なら住みたいと思わせることができ、入居率を上げることにもつながるのです。

マンション経営を行っている方にとっては、自分が所有している不動産の築年数が経てば必ず考えなければならないのが大規模修繕。これを怠るとどんどん老朽化が進んで行ってしまうだけではなく、修復した後よりも劣化が進んでしまい、早い段階で建物としての寿命が来てしまうことも考えられます。なぜマンション管理において大規模修繕が頭の痛い問題であるかというと、まとめて修繕するのですから莫大な修繕費がかかってしまうことは否めませんが、運営が軌道に乗り出して賃料収入とローン返済の採算が安定してきたなと思うころに建物の劣化が見えてきてしまうためです。どのような建物でも、10年近く経過すると何らかの不具合が発生するものと言われています、屋根や壁などはもう少し早いかもしれませんが、数々の箇所をトータルで見たときに全体的なテコ入れを検討するべき時期がだいたい10年くらいと不動産業界では位置づけられています。ここでちまちまと少しずつ始めてしまうとアンンバランスな状態が起こり、またあっちを治しても次はまたこっちの修復、といったようになると、いつまでたっても何かしら工事をしているという印象になってしまい、入居者も住みにくいと感じてしまう可能性もあるのです。リフォームやリノベーションも含めてタイミングと期間は一考の余地があるでしょう。